浮気からスムーズに離婚するためにするべきこと

浮気からスムーズに離婚するためにするべきこと!

浮気されてから、いざ離婚しようと思っても、なかなかスムーズに話が進まないケースが多々あります。特に男性の場合、浮気をしても本気で離婚することを考えていないケースが多く、離婚したい旨を伝えたところ、復縁を迫られることがあるようです。

 

そこで、スムーズに離婚するために、まず取るべき行動について、順番にご紹介していくことにしましょう。

浮気の証拠集めが肝心!

まず最初は、信頼できる専門家に相談して、法定離婚事由であるかどうかを確認し、浮気の証拠集めを始めるということです。

 

浮気をされたことが原因で、離婚を決断した場合、立派な法定離婚事由として認められるケースがほとんどですが、夫婦生活の状態によっては、話がスムーズに進まないこともあります。

 

ですから、早めに弁護士に相談し、念のため法定離婚事由であるかどうかを確認した方が良いのです。また、家庭裁判所に頼らずに、離婚の話を進めるつもりでも、離婚を拒まれた場合は、協議離婚、調停離婚、裁判で決着を付けなければなりません。

 

ということは、各段階で必要となる書類や証拠は、事前に揃えておく必要が出てきます。協議離婚や調停離婚の段階では、特に離婚の理由が問われることはなく、浮気の証拠についても必要とはされません。しかし、裁判となるとそうはいかないんですね。

 

決定的な、浮気の証拠が必要となるのです。また、スムーズに離婚の話を進めたいのであれば、書類や証拠が必要となった時に、すぐに提出できるようにしておかないと、離婚するまでに時間がかかります。

 

尚、浮気の証拠は、写真、映像を中心に、複数回分用意する必要があります。ようするに、何度も肉体関係を持っていることを、証明しなければならないのです。このとき、風俗通いも当てはまることになりますので、心当たりがある場合はチェックするようにしましょう。

 

そして、一通り書類が集まったら、最後に離婚条件をまとめる作業に入ります。離婚の条件とは、慰謝料や財産分与、親権、養育費などのことですね。

 

その後、離婚条件が決まったら、いよいよ相手に離婚したい旨を伝え、離婚の条件を提示していくことになります。以上が、スムーズに離婚するために取るべき行動の流れです。