上手な慰謝料のもらい方  【浮気編】

上手な慰謝料のもらい方【浮気編】

浮気をされたことが分かり、離婚を決意した場合、スムーズに慰謝料を貰って早く新たな生活を送りたいと考える人は多いようです。

 

しかし、誰でも離婚は初めての経験であるケースが多く、当然慰謝料の貰い方すら知りません。そこで、浮気をされて離婚する場合、スムーズに慰謝料を貰うためには、どうしたら良いのかについて解説してくことにします。

 

まず、最短で貰いたいということであれば、最初から自分で対応しないということが重要です。

つまり、浮気や不倫による離婚の交渉を得意としている、弁護士や行政書士に対応を依頼すれば良いのです。

 

その際、証拠がなければ慰謝料を貰うことができないということで、専門家に頼むことを諦める人がいますが、諦める必要はありません。つまるところ、証拠がなくても相手が浮気を認めて、慰謝料の支払いに応じてくれれば、証拠がなくても問題ないからです。

 

また、多くの場合、相談する分には無料となっていますので、実際に専門家に頼むかどうかは相談してからでも遅くはありません。

 

実際に、専門家に相談した後の流れについてですが、一般的には慰謝料を請求する旨を記載した、内容証明を相手に送ることになります。その後、異論がないということであれば、合意の下示談書を作成し、最終的には慰謝料が支払われておしまいです。

 

ただし、行政書士に依頼した場合ですが、浮気をしている自分の夫や妻に直接会って交渉したり、電話で話しながら交渉してもらうことはできません。そのため、全て書面でやりとりすることになります。

 

一方、最初から弁護士に依頼した場合は、行政書士よりも料金は掛るものの、浮気をしている自分の夫や妻に、直接会って交渉してもらうことが可能です。

 

ですから、場合によっては弁護士に依頼した方が、すぐに慰謝料を貰って離婚することができるケースもあるでしょう。とはいえ、その点は相手の出方を見て決めるしかありませんが、いずれにしても、スムーズに慰謝料を貰う為には、専門家に頼むのが一番だといえます。